ものとこころの環境整備

神戸生まれの神戸育ち。 二十数年前から図らずも明石市在住になるも、 神戸からなかなか離れられません。 ものの環境整備から、こころの環境整備まで、徒然に書いていきたいと思います。 そして、趣味の神社仏閣めぐりのことなど。

デスク横のゴミ箱は、既にデスクにマグネット付けだったのですが、こちらのキッチン横はマグネットが効かないので、どうしたものか思案中でした。
ところが、100円ショップのガーデンコーナーにいい感じのひっかけるのがあったので、face08即購入!!
これで、掃除の時もいちいち除けることがなく、スイスイ掃除できますよ。ヤッター!



BEFOREはこんな感じで直置きではなく、一応?キャスター付きだったんですね。



キャスターが不要になりましたが、捨てませんよface02
リサイクルしてまた何かに使うんですface01




これは、フロアマットを敷くのを、85歳
のわが社の最高齢のおじいちゃんに手伝ってもらっているところです。

思えば、いつも私の助手として手伝ってくれているんですよねface02




これは、数年前に汚くなっていた書庫を、キャスター化して明るいペンキを塗り、カウンターとして生まれ変わる作業をしているところですね。





生まれ変わる前の書庫。
いろんな物を上に置いてしまって、ごちゃごちゃしています。



スッキリ生まれ変わりました!



この力作のカウンターなんですが、一年後に事務所の引越しがあって、新しい事務所に頑張って持って行ったのですが、「要らんやろ、どこに置くねん!」という社長の鶴の一声で処分されてしまいました。naku

すごく残念かというと、そうでもないんです。
環境整備とは、日々進化していくものなので、完成形で終わり、停止するものではないんです。


最後までお読み頂き有難うございます。

  


2018年02月18日 |



雲の写真じゃなくて、雲そのもの。

毎日みてても飽きないなあと思う。

これは、富士山の傘雲。
天気が崩れる前に出るそうな。
湿気を帯びた空気が上昇気流で。。。なんとかなるらしい。
詳しく知りたい人は、自分で調べてね。
ぷかん、と浮いているように見えるけど、すごい勢いで雲の中身が入れ替わっている。

うちは明石なので、富士山みたいな自慢できる山はない。
海、ですね。
山陽電鉄という私鉄が最近明石から西に高架になって、ちょうど淡路島がよく見えます。
雲の多い日に、天使の梯子と呼ばれる自然現象が見えることが多いです。



これは、残念ながら、天使の梯子ではないです
(。>д<)

明石から須磨まではJRも海岸線を通るので、雲、海の景色はいいですね。
空気が澄んでいると、淡路島の東側の島、沖ノ島、地島まで見えて、大阪湾が一つの湖のようです。

最後までお読み頂き有り難うございます。




  


東福寺は紅葉で有名な寺院。
また新緑の頃も。
東福寺HP
http://www.tofukuji.jp


この市松に並べられた石は、遠く天竺から、朝鮮半島を経て、日本へ仏教が伝来したことを現しています。





この時季にご縁があって、お参りさせて頂きました。
冬枯れの、雪もちらつく中。
ほとんど誰もいません。
侘びさびの世界です。





明治時代、不要になった支柱を北斗七星の形に並べた庭。
今でいう再利用ですね。
しかし、この庭を創るにあたっては、深い意味があるのです。

ゴミ一つ落ちていません。
清々しい。
私が毎朝の環境整備で目指すものは、神社寺院の境内です。



最後までお読み頂き有り難うございます。
  


二十数年前、私がこの町に来た時、七十歳前後の
おじいさんが、一人で店番している店があった。
そのお店は、作業服とか軍手とかタオルとかの繊維ものを売っているようだった。
ようだった、というのは、一度もその店に入ったことがなかったから。



ご近所さんなので、こちらがどこかへ行く時は、ほぼ前を通る。
お店というよりは、入口のシャッターを開けただけの開けっぱなしの倉庫みたいな感じだった。
冬は寒そうだなと思ったし、逆に夏は暑そうだなと思って、前を通りすぎていた。

前を通るけれど、お客さんらしい人がお店に入っているのはあんまり見たことがなかった。
軍手を買う時、このおじいさんのお店で買って見ようかなと思ってみたけど、一度も買ったことは結局無かった。

時々お休みなのかシャッターが閉まっている日があって、今日はお休みなんだと思っていた。
しばらくして、ずっとシャッターが閉まっている日が続いていて、気がつくともう何ヵ月か経っていた。
あのおじいさんが病気かなんかになったんだろうかなと勝手に考えていた。

それから、何年経ったのか覚えていない。
前を通る時、なんとなく時々思い出す。
でも、建物は確実に劣化していっていて、月日の経過を感じていた。

1週間前、急にその建物の解体が始まった。
初日にその前を通った時、十数年振りに中が見えていて、ほとんどあのおじいさんが店番をしていた時のまま、物が置かれているのが見えた。
おじいさんがお店を継続できなくなったのは、急なことだったことに気がついた。

解体される建物は、人がいなくなって劣化が進み、誰も住みたくないような代物になっていた。
階段とかそんなものが、順番にむき出しになっていく。

でもどうなんだろう。
多分この建物の持ち主だったおじいさんが、この建物を初めて建てた時。
その時の最新だったはずじゃあないのかな。
今から見たら古い押入れとかも。
おじいさんもきっとわくわくしたと思う。
真新しい畳のい草の匂いとか。
木材の匂いとか。

解体されている建物を見ると、いつもそんな郷愁にとらわれる。
新しいものと古いもの。
この世にあるものが、いつかはみんな古くなってしまうこと。
  


2月4日は立春。
旧暦では新年の初日にあたります。
そこで、立春のお参りをさせて頂きました。



山王日枝神社

東京のど真ん中。赤坂に鎮座しています。
国会議事堂、総理官邸などが近くにあります。
江戸城の鎮守として祀られ、代々の徳川将軍などが参拝されていたそうですね。

鳥居が独特な形をしています。
「山王鳥居」といい、山王信仰の象徴として、仏教の胎蔵界・金剛界と神仏合一を表しているそうです。

以前からこの大階段が気になっていました。
なんとエスカレーターがあります。
が下りはありませんface07




こちらが正門になり、「男坂」という名前の通りすごい階段になっています。

-日枝神社HPより転載-

こちらは、エスカレーターありません( ̄▽ ̄;)

江戸三大祭りの一つ山王祭が行われる神社です。
京都の葵祭のような時代装束を着て練り歩くようです。
東京の都心を時代装束が行く姿は圧巻でしょう。
一度見てみたいですね。


赤坂 日枝神社のHP ↓ ↓
http://www.hiejinja.net


最後までお読み頂き有難うございます。


  


毎朝の環境整備

2018年01月28日 | 環境整備



毎朝の環境整備。
「環境整備」という言葉の中に3つの言葉があるのですが、今日はその中の「清掃」
「清掃」は「掃除」とは違うのですが、その説明はまた今度説明しますね。

なんの辺鉄もない、うちの外回りの道の路肩。
毎朝、路肩も含めた外回りを時間を決めて清掃します。

始める以前は、汚れた時でいいだろう。
今はゴミが落ちていないから、いいだろう。
1週間に1回でいいだろう。
と、思っていました。

毎朝清掃するようになって、初めて気づくことがあるんです。
例えば、清掃道具たち。





掃く角度、ゴミの種類、天候などによって、適不適があるんです。これは使ってみないとわからないんです。
今はこんな感じ。
掃き方もいろんな掃き方があります。
毎日やるから気づくことがあるのです。

そして、置き場。



置き場を決めることで、さっと取り出せます。
動線をかんがえて位置を決めます。

それと、毎日やることで、年末の大掃除も必要ないんですよ。

最後までお読み頂き有り難うございます。

ものとこころの環境整備をすすめます。




  


三が日に、大阪 曽根崎にある「お初天神」へお参りさせて頂きました。



大阪 北のど真ん中。
街の中にあると思えないくらい風情があります。
正式には、「露 天神社」
通称の「お初天神」は、歌舞伎「曽根崎心中」のモデルになった二人がここで心中したことが由縁になっています。

露 天神社のHP↓
http://www.tuyutenjin.com/

ここへ訪れたのは、今回で三度目。
最初に訪れたのは、もう数十年前。
そして昨年。
三度目の今年は帰省した娘に誘われて訪れました。



手水鉢が回っています。
昔はこんなんなかった。



こんなことして遊んでる人が。



風情もなんもない。。。




  


< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最近のコメント
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
KANKYOUSEIBILOVE・KAZUMI
KANKYOUSEIBILOVE・KAZUMI
神戸生まれの神戸育ち。
二十数年前から図らずも明石市在住になるも、
神戸れられません。
ものの環境整備から、こころの環境整備まで、徒然に書いていきたいと思います。
そして、趣味の神社仏閣めぐりのことなど。